一目ぼれして買ったヒョウ柄ファーコート

今から2年ほどまえの28歳の頃、表参道にある古着屋さんで衝動買いをしてしまいました。
とはいえ、衝動買い自体はまったく珍しいことではなく、いままでもたびたびやってしまっていたのですが、今回はさすがに行動を見直そうと思いました。
冬のある日、まだ日中の早い時間に空いている表参道を歩いていた時、古着屋さんの外にディスプレイされているヒョウ柄ファーコートに目が留まりました。
実は、その前の年からファーコートを探していて、いいのないかな、と思っており、ついに似合うものに出会えずじまいだったのです。
今回も、あまり期待はせず、きっと似合わないだろうと思いながら見つめていたのですが、時間もあったし値段も1万数千円と十分に買える値段だったため、試着してみることにしました。
フェイクファーで軽く、そのわりに肌触りはすべすべで、あのナイロンの毛の貼りつく感じがなく、まあまあいいんじゃん?と思いました。
古着の割にはきれいだし、古着特有のにおいもないし、近々出かけるライブにも着ていったらかっこいいかもしれない、と期待が膨らみました。
丈感やシルエットはちょっとイメージと違ったものの、合わせる服を変えればいけると思いました。
そして勢いで購入。
店員さんも感じよくて、マフラーをほめてくださり、買ってよかったと思いました。
しかし、なんだか買ったそばから後悔の念がうっすらと押し寄せてきました。
これ、必要だったっけ?と。
結局そのコートは、厚みのわりに暖かくなく、中に着る服を買えても好みのテイストにならず、1度近所を着て歩き、その後1度代官山蔦屋に着ていき、以降出番がありませんでした。
ヒョウ柄って、変に目立つし、襟にボリュームがあって髪もアップにしないとすっきりしないし、色味も私に似合ってなかった。
本当に何で買ったのかわかりません。
結局メルカリで数千円で売りました。
衝動買いって、やっぱりそのモノが欲しいというよりは、何か買い物がしたいときに起こる気がします。
買ったら何か変わるというか、頭がすっきりするというか、これを買うことで、ちょっと違った生活が得られるかも、という期待もあって買ってしまうんです。
でも自分でも、気ない服をため込んでいく暮らしが本当に嫌になりますよね。
そこで、私はまめに服を売ることにしました。
家の近くにある、どんな古着でも買ってくれるお店があるので、ちょっとお金に困ると売りに行くという生活を送ってみました。
売れども売れどもクローゼットが片付かなくて笑えるのですが、お金がない、となるとちょっと迷うブランド服でも思い切って売りに行けるんですよね。
そしたら、これ高かったけど数回しか着なかったな、という服や、これ全然似合わないな、という服をバンバン売りに行けます。
すると、次に買い物するときも、これも売ることになるかも・・・と思いブレーキがかかります。
衝動買いをしてしまう人は、一度、服を売りに行く習慣を付けるのがおすすめです。

新春セールで購入したダッフルコート

新春セールというとついつい財布の紐が緩くなるという人も多いと思いますが、私もその1人です。
以前から憧れていた通販サイトで、ダッフルコートを衝動買いしてしまいました。
お値段は9000円。もともと15000円ぐらいの商品だったので、かなりお買い得になっていました。
そのサイトのお洋服は華やかで高見えする感じがすてきで、購入したコートも大きなファーがついており、スリムな形が大人っぽく、ダッフルなのにゴージャスな印象があるところにひかれました。
憧れサイトのコートを購入し、前払いを済ませ、わくわくしながら商品の到着を待ちました。
通販で買ったものなので画像と全く同じということはもともと期待していませんでした。その違いや、実際はこうだった、という部分もゲーム感覚的で、それなりに楽しいと感じて通販を利用しています。
商品到着までには10日ほどかかり、結構時間がかかるんだなと思いましたが、新春セールで発送が多いのかなと考えました。
さていよいよ商品が到着しました。大きな箱を受けとり、あけてみた第一印象は、
「色がイメージとちがう!」
画像とかなり違いました。画像ではグレイッシュな水色に見えたのですが、届いた商品は完全なグレー。しかも暗めのグレーでした。
白っぽい柔らかなグレーもお気に入りポイントの一つだったのでがっかりしましたが、まあ色がちがうというのは通販ではありがちです。
グレーでも充分着れますから仕方ないでしょう。
それでは試着してみようと箱から取り出してまたまたびっくり。
「有り得ないぐらいに重たい!」
これは洋服でしょうか?着ることを考えて作っていますかね?というぐらい重たいのです。
肩が凝ることは確実。さらにわたしは乳児がおり、抱っこ紐も使用しています。
ただでさえ赤ちゃんで重たいのに更にこのコートの鎧のような重さ。
うわ~と思いましたよ。でもまあ赤ちゃんがいない時、もしくはベビーカーの時に着ましょうか。
またまた気を取り直して袖を通します。
「か、硬い!!」
これはなんでしょう。生地が硬い。洋服としての柔軟性がまったくありません。生地が硬すぎてファスナーさえしめにくいのです。
でもでもでも、いくら着心地が悪くっても、かわいければ最悪OK!
そうして鏡でみてみると、
「でかい!」
わたしは身長163センチで、Sサイズを購入しましたがぶかぶかです。サイトのモデルさんも163センチと記載があったので、安心していたのですが、画像を見たときのスリムなシルエットは全くありませんでした。
ダボダボで硬い。箱にはいっているようです。
さらにゴージャス感を演出していたファーは梱包の関係でぺっちゃんこ。だんだん膨らんでくることを期待していましたが少しはましになったものの、画像のようにはなりませんでした。
しかも数回着ただけで毛玉が発生しています。

ここまで何もかも実物と違うお洋服は初めてでした。
特に重たいというのは画像ではわかりません。サイズ感もふくめ、やはり通販を利用するときには、必ず沢山レビューのついたサイトを利用したほうが失敗がないと思いました。

ひと目ぼれして購入したカーディガンだったけど・・・

41歳の主婦です。たまたま、ショッピングセンターに用事があり、ついでに服を見て帰ろうと思い、ショッピングセンターのテナントの洋服屋さんをブラブラしていました。

そのときに、INGNI(イング)でかわいいカーディガンが目につきました。今年らしいビッグシルエットのざっくり編みのカーディガンのパープルが目につきました。

ちょっと見てみようと思い、店内に入りました。鏡で合わせてみると、めちゃくちゃかわいくて欲しくなりました。でもカーディガンを購入するつもりではなかったから迷いました。

迷っていると、私と同じカーディガンを見てる人がいました。私は、今買わないと、もしかして売り切れてしまうかもしれないと思いました。価格は、3,900円で、目立つ場所にレイアウトされていたから、早く買わないと、売り切れてしまうかもと思い、あせりました。

しばらく迷っていましたが、ちょうど、お小遣いがあり、お金に余裕もあったから、試着もせずに購入しました。そのときは、どうしても気に入ってしまって、我慢することができませんでした。

また、売り切れてしまったら嫌だなーという気持ちもありました。購入して家に帰って、カーディガンを着てみると、思ったより、大きいし、色もお店で見たときより濃い色に見えて、あんまりよくありませんでした。

衝動買いして失敗したなーと思いました。やっぱり、試着してから購入するべきでした。ついつい面倒で試着もせずに購入したのがよくなかったです。

色も店内で見ていたより、濃いパープルで、私には、ちょっと似合わなかったです。あー、失敗しちゃったと思いました。夫からも、「珍しい色のカーディガン買ったね。」と言われてしまいました。

衝動買いってやっぱり失敗しますね。きちんと目的をもってショッピングしようと反省しました。ほしくもないのに、服屋さんをブラブラするのもやめようと思いました。目的をもってショッピングしようと思いました。

また、購入するときには、きちんと試着をした方がよいなーと思いました。着てみないとシルエットの感じがわからないです。試着は、大切だなーと思いました。衝動買いで失敗してしまい、落ち込みました。

仕方なく、あんまり似合わないカーディガンを部屋着にして着ています。衝動買いしないためにも、目的がないときは、服屋さんをブラブラしないようにすることにしました。衝動買いして、似合わないカーディガンを購入して反省しました。

都会の雰囲気になじみたくて購入したワンピース

18歳の時、私は田舎の実家から都会の大学へ通うようになりました。それまで高校生で制服があったことから外を出歩けるような私服をほとんど持っておらず、入学式当日から年齢にそぐわないような服装をしていたことで最初はなかなかクラスになじめませんでした。このままでは4年間を楽しく過ごせないと思ったことから同級生や学内の女子が着用しているワンピースやスカートなどおしゃれな服を着用して少しでも都会の雰囲気になじみたいと思いました。ただ当時は今のように安くておしゃれなファッションアイテムは多くなかったこととファッション雑誌に掲載されているブランドの服を着用しているモデルさんがとても素敵に見えたということで、都会の百貨店の若者向けの売り場に行って服を買うことにしました。

百貨店の服はどれも1枚1万円はする高価なものでしたが、当時はバイトを始めていて毎月5万円程度の収入があったことから1枚くらいは購入できそうだと思いましたし、高級なブランドの服を着用すればそれなりにおしゃれになると思いました。そしてそこで店員さんからのおすすめで1枚1万円ほどするワンピースをその場で衝動買いし、大学に着用していくようになりました。そのワンピースはシルエットがAラインで落ち着いた都会の女性らしく見えるワンピースだったので、衝動買いといえども自分でも気に入って購入したものでした。しかし着用していくうえで大きな問題は発生しました。そのワンピースの素材は綿が入っていて、着用して洗うとそれだけでしわが付きます。

またアイロンをかけて外に着用しても座るだけでしわが付いてせっかくおしゃれに見えるワンピースも台無しになってしまいます。実母に聞けばしわが気になるのであれば綿は適しておらず、ポリエステルの素材のものを選んでおけばよかったのにと言われました。また黒い色のワンピースということで、ほこりもよく付きました。なので着用していても高級感が出ず、結局ほとんど着用しないままリサイクルショップで500円程度で売却することになりました。その後は購入時は素材を確認してから服を選んだり、あるいはすぐに飽きたり購入して失敗してもいいように1枚あたり5000円以下の服を着用して学校に行くようになりました。現在は1枚1000円台で購入できる服も多いことから、万が一失敗した時のことを考えておしゃれ初心者は安い服を購入することをおすすめします。

レジーナクリニックで全身脱毛受けました!※写真あり口コミ体験談。

「ここでしか買えない」という言葉に踊らされた衝動買い・・・

私が今でも悔やまれる一番の衝動買いをしてしまったのは、27歳のときです。当時の職場は九州のど田舎で小さなショッピングセンターしかなく、自分の満足のいく買い物ができないことをとても不満に思っていました。とくに洋服に関しては田舎のおばちゃんが着るような服しかなく、トレンド感などもってのほか。そんな状況ならネットで買えば良いのかもしれませんが、洋服は試着してから買う主義なので、高速バスで数時間の街に交通費も度外視で買い物に出かけていました。そんなとき、急に東京に出張する機会を得たのです。それはもう大喜びで、どこに行こうか何を買おうか、そんなことばかり考えて浮かれていました。
待ちに待った東京出張の日、数日間の滞在中に勤務時間内はみっちり研修で、夜は懇親会。買い物に行くなら今日しかないと、前泊した日の夜に買い物に繰り出しました。田舎者なのでまずは無難にショッピングビルに入り、九州では見たこともないブランドやメーカーの服に心躍らせながらウィンドウショッピングしました。そこで田舎者の私の感覚は東京の雰囲気にのまれて狂ってしまったのだと思います。
ちょうど探していた友人の結婚式に出席するためのドレスが目に入り、あるお店にフラッと入りました。個性的でセンスの良いドレスが多かったので真剣に見ていたところ、店員さんがにこやかに話しかけてきました。私もドレスは必ず買うと決めていたし、とても素敵な品が多かったので店員さんに相談しながら決めることにしました。その店員さんは自分も九州出身だから懐かしいと、とても親身になって相談に乗ってくれ、私の好みをうまく汲みながら商品を勧めてくれました。九州での買い物では感じたことのない心地よさに、「とてもいい買い物をしている」感覚が強くなっていきます。ドレスと羽織物が決まったところで、店員さんから「今日は普段着は探してないですか?」とにこやかに尋ねられました。何を買うかまでは決め手なかったですが普段着も欲しかったし、このセンスの良い店員さんが勧めてくるものを見てみたいという好奇心もあり、「探してるんですけど、何を買おうか迷ってて…」と答えました。今思えば、その好奇心が命取りでした。
店員さんは、ジャケット、トップス、ボトムス、小物を取り揃えて戻ってきて、それはもうステキなコーディネートでした。「このジャケットなら、さっきのドレスの上に羽織って式場までの移動中に使えますよ」「袖を折り返してまくれば、カジュアルにも着られます」「トップスもボトムスも単体でも使えるし、全部合わせてコーディネートもできますよ」と、とても魅力的な言葉で営業してきます。でも、本当に店員さんの言う通りでとにかくとてもステキだし、個性的だけど使いまわしやすいアイテムばかりでした。さすがに全部の商品を買えば予算を大幅にオーバーすることは私にもわかっていましたが、「このショップは九州だと福岡にしかないんですよ。しかも直営ではないので品数は少なくて」という一言で、私の財布の紐は一気にゆるみました。結局、勧められた全てのアイテムを予算の倍くらいの金額で購入しました。
そのときは大満足でホテルに戻って一人でファッションショーをしたり、とにかく「いい買い物だった」と舞い上がっていました。しかし、九州の田舎に戻っていざ購入した洋服を着ようとすると、自分の手持ちのアイテムと全く合わず着こなせないのです。そのとき初めて「あれは東京マジックにかかった衝動買いだったんだ」と気づき、しかも衝動買いによる散財で、しばらく節約生活が続くことがわかっていたので途方に暮れました。
このときのことが教訓で、都会に行っても雰囲気にのまれて「ここでしか買えない」に騙されることはなくなりました。よく考えれば、洋服以外にも東京でしか買えない物って限りなく存在します。そんなものにいちいちとらわれていては、いくらお金があっても足りないということに気づかされました。
私と同じように田舎の出身の人ほど、都会のキラキラした雰囲気に惑わされて衝動買いしてしまいがちだと思います。時間をかけなければ街に出られない人ならなおのこと、「ここでしか」「今しか」という限定感に踊らされてしまうかもしれません。でも、今のご時世大概のものはネットで買うことができます。洋服も試着するだけして、家に帰ってゆっくり考えたっていいんです。このことをあの日の私に教えてあげたいです。

あこがれが高じて買ったが日常で着用できない服・・・

私が20代前半の時、ネットショップで洋服を3着購入しました。その時、私は、海外ドラマを見るのにはまっており、ドラマの中のキャリアウーマンが、仕事時に、派手目なワンピースなどを着て仕事をする姿にあこがれがありました。購入した3着は、ドレスとワンピースの中間のようなデザインで、袖はノースリーブや短い袖で、首元はゆったりと開いており、体のラインに沿うデザイン、生地は光沢のある素材で、ネットショップで見つけたとき、ドラマの登場人物がき着ていそうだと、テンションが上がりました。しかも、セール価格になっており、3着合計で7000円しないくらいの値段になっていたと思います。こんな派手な印象の服を自分が着るだろうか…と思いはしましたが、一度欲しいと思ってしまい、しかも値段が手ごろだったので、普段着ることができなければ、結婚式やイベントの時にきればいいやと、自分を納得させてその洋服を購入しました。

商品が届き、洋服を着てみると、自分の顔がなんだかとても地味に見えました。洋服が派手な印象なので、薄化粧では、洋服と顔のバランスがとれないのです。この服を着こなすには、結構濃いめのメイクをしなければいけないだろうなぁと、濃いめのメイクをしたら、前よりは顔と洋服のバランスがとれているように見えましたが、今度は全体的な印象が、派手すぎるように思えました。これでは、普段の生活では浮いてしまうし、結婚式でも派手すぎて、この洋服は着ることができないだろうなぁ、私は買い物を失敗したなぁと感じました。良く考えれば、私の生活の中で、“派手な洋服とメイクがぴったりのイベント”というものに参加することもそうそうありません。結局3着の洋服は3着ともクローゼットの中に眠っています。買い物をする時に、自分の憧れを念頭においたり、好きなテイストを考慮したりするのは大変楽しいことですが、自分の普段の生活スタイルや、見た目の特徴、メイクとの相性などをじっくり考慮して買わないといけないなぁと思いました。また、セールで価格が安くなっていると、使わないかなと思っても、ついつい着ることができる理由を見つけて購入してしまうものですが、自分の生活のなかで本当に着ることがあるかなと考えればよかったと思いました。同じような状況に遭遇する女性は多いと思いますが、商品がかわいいかったり安かったりしても、この服自分の顏に似合うかな、普段の生活の中で、この服着ることができるかな、ということを常に考えながら買い物ができたらよいと思います。